operating system

Windows vs Mac


OSの歴史

WindowsとMacそれぞれのOSの歴史を紹介します。

Apple Computer社 Microsoft社 その他の会社
1973 Digital Research社がCP/Mという世界初のパソコン用OSを発表。
1975 Microsoft社設立。MicrosoftBASICを発表。
1976 Apple Computer社設立。AppleIを発表。 NECがマイコンキットTK-80を発表。
1977 AppleIIを発表。 Apple-DOS  Appleの最初のOS。  コマンド方式のシングルタスクのOSである。
1979 NECがPC-8001を発表。
1980 AppleIII発表。 Apple社株式公開を果たす。 Seattle Computer Products社 86-DOS  16bitマイコンi8086/i8088用の最初のOS。CP/Mを参考にして作られた。
1981 PC-DOS1.0(MS-DOS1.0)  IBMに供給されたMicrosoft初の16bitOS。86-DOSをIBM用にカスタマイズしたものである。 XEROX社 Star  世界初のGUI搭載商用ワークステーション。
1982 PC-DOS1.1  日付・時刻がサポートされる。 NECが初代PC9801を発表。
1983 Lisa  世界初のGUI搭載パソコン。 MS-DOS2.0  MS-DOSという呼称はこのころから用いられるようになった。
1984 Macintosh System Software1.x  Lisaの廉価版パソコンとして登場したMacintosh用のGUI-OS。  Macintoshは個人でも購入できる最初のGUIパソコンでもあった。 MS-DOS3.0  DOSでHDDが利用され始めた。
1985 System2.x 登場。 MS-DOS3.1  ネットワークに対応するようになり、DOSの普及を大幅に促進させた。 MS-DOS3.2  3.5inchフロッピーディスクに対応。 Windows1.0 Commodore社 AMIGA OS 1.x  世界最初のマルチメディアパソコンAMIGAに搭載されたOS。
1986 System3.x 登場。 漢字Talk1.0登場。System3.0を基にしている。 MacintoshがSCSIに対応。 MS-DOS3.3
1987 System4.x 登場。 Windows2.0 Windows/386 2.0  i80386専用のWindows2.0。 IBM社 OS/2 1.x  DOSに変わる次世代OSとしてIBMがMicrosoft社と共同開発したGUI-OS。
1988 漢字Talk2.0 登場。System4.1を基にしている。 MacintoshがCD-ROMに対応。 Windows2.1 Windows/386 2.1  これらのバージョンはXMSとHMAに対応してコンベンショナルメモリを節約する ことを可能とした。 IBM社IBM DOS4.0(MS-DOS4.0)  IBM社がMicrosoft社に先行して開発したDOS。
1989 Macintosh System Software6.x.x  マルチファインダーがようやく標準になる。 Macintoshがフルカラー(約1600万色)に対応。 漢字Talk6.0 登場。 NeXT Computer社 NeXT STEP1.0  UNIX互換マイクロカーネルMach(マーク)を使用した最初のOS。 強力なグラフィックスは透明度をサポートした。
1990 漢字Talk6.0.7 登場。 Windows3.0  普及に成功した最初のWindows。 IBM社 IBM DOS J4.05/V NeXT Computer社NeXT STEP2.x
1991 Macintosh System Software7.x.x 32bit化されることによって大幅に性能が向上した。 MS-DOS5.0 Commodore社 AMIGA OS 2.x  GUIが一新された。
1992 漢字Talk7.0登場。本格的なFEP「ことえり」が付属していた。 Windows3.1x  Windowsを爆発的に普及させたOS。 OS/2 2.x  OS/2 1.xの反省から設計を根本的に改めたOS。
1993 MS-DOS6.0  ディスクの圧縮機能が追加された。 WindowsNT3.1  新たな市場を開拓するためにMicrosoftが発表した32bitOS。 NeXT Computer社NEXT STEP3.x Commodore社 AMIGA OS 3.x
1994 Macintosh System Software7.1.2 Macintosh System Software7.5.x  GUIの細かな改良が全面的になされた。 WindowsNT3.5x ネットワーク機能が大幅に強化されている。 Commodore社倒産する。 OS/2 Warp3.0
1995 漢字Talk7.5が登場。 QuickTimeVR登場。 QuickDraw3D登場。 OpenDocが発表される。 Windows95  Windowsの地位を確固たるものとしたOS。 Be社 Be-OS  新規に作ることによって過去のしがらみに束縛されることなく高性能を達成することに成功したOS。 NEXT SOFTWARE社 OPEN STEP4.x IBM社 PC-DOS7.0  IBM社が独自に開発したDOS。
1996 WindowsNT4.0  パソコンがUNIXの市場を脅かすまでに成長したことを実証したOS。 Windows95-OSR2  メーカー向けに提供されたWindows95のマイナーチェンジ版。 IBM社OS/2 Warp4.0
1997 AppleがNEXT SOFTWAREを吸収合併する。 MacOS7.6.x   MacOS8.0  ファインダーをPowerPC用に全面的に書き替え、"Corpland"のGUIを移植したOS。
1998 MacOS8.1  8.0のマイナーチェンジ版。 MacOS8.5 Windows98  Windows95-OSR2のマイナーチェンジ版。基本的には、Windows95のバグフィックスを行ったものである。 IBM社PC-DOS2000  PC-DOS7.0のマイナーチェンジ版。
1999 MacOSX(ten) Server  サーバ専用OS。 MacOS8.6  8.5のマイナーチェンジ版。   MacOS9
2000 Windows2000 WindowsNT4の改良版。 Windows Millenium Windows98の改良版。 ついにDOSモードがなくなった(DOS窓はある)。
2001 MacOS X 10.0 UNIXをベースにした新しい系統のMacOS。 WindowsXP ハードドライバとアプリケーションが充実しており、非常に実用性の高いOSである。
2002 MacOS X 10.1 DVD-ROM対応、MacOS9との互換性向上、速度向上等かなり改良された。
2003 Windows XP Media Center Edition 2004 日本語版
2004


2005
Windows XP Professional x64 EditionWindows XP Professional x64 Edition 日本語版


角丸